発泡する時代

泡を通して時代を見つめる春の七草みたいな、目薬が恐くて瞬いちゃうような日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第38回:xtermの日本語表示

OSXでターミナルを使うにはTerminal.appを用いるかX11を起動してxtermを使うかということになると思うのだが、個人的にはX11を起動して使っている。
さてこの場合最初から入っているxtermでは日本語を表示することは全くできない、そこでxtermからuxtermを起動するとutf-8文字コードでの日本語表示が可能になる。Macのファイル名はutf-8なので、uxtermでのlsで文字化けがおこることはない。しかし僕はemacsではeuc-jpを使っている、これはlinuxとの互換を考慮してのことだが、このemacsで編集した文章をターミナルでlv,less等のページャで表示させると見事に文字化けしてしまう、そこで一時的にxtermをeuc-jp化する方法を紹介する、っていってもすごく簡単で xterm を -en euc-jpというオプションをつけて起動するだけである、すなわちターミナル上で
$xterm -en euc-jp &
とするだけでよい、なおこれはsjisにも対応しており
$xterm -en sjis &
とする。まとめると

utf-8 -> uxterm
euc-jp -> xterm -en euc-jp
sjis -> xterm -en sjis

となる。お試しあれ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。