発泡する時代

泡を通して時代を見つめる春の七草みたいな、目薬が恐くて瞬いちゃうような日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第35回:深夜の馬鹿力

大好きなラジオ「伊集院光 深夜の馬鹿力」である。
中学生の頃からずっと月曜深夜1時を楽しみにしていたのだが、ここ半年くらいはあまりおもしろくなかった。
コーナーは芸能人の珍行動を報告したり、壁の落書きを報告したりとにかく伊集院さんのラジオに「報告」というのは似合わない。
妄想、自虐的な体験談、変な替え歌、支離滅裂な珍文、これが真骨頂なんだと思う。
「火種を投げ込めコーナー」は「エンタの何様」と近いと思うリスナーも多いだろうが、妄想しているだけであって報告しているだけなのでネタを書くリスナーの妄想が入り込んでくる余地があるので広がりがある。ここ最近気に入っているコーナーは「夢太郎が来る」である、夢系のコーナーって「夢廃工場」?みたいなのが過去にあったと思うのだが、「夢太郎」という足かせをかけることであまりにも自由すぎた廃工場よりも聞きやすい。
フリートークに関しても最近まで伊集院さんの自転車ブーム、若手の多用により毎週のトークがあまり代わり映えのないものとなっていたが、自転車ブームも去り、若手芸人の河野君との同居を解消し、仕事部屋を引き払った今、トークの話題も仕事関係の話や、自分の趣味、猥夫である篠岡美佳さんにむげに扱われている話等、往年の切れを感じさせる、やっぱり面白い。
ただ気になることもある、構成の渡辺さんの笑い声である。いや、僕は渡辺さんの誘い笑いが大好きなのである、リスナーになりたての頃なんかはいまいち伊集院さんの「おもしろ」、はがきのネタの面白いポイントが分からなかったのでむしろ渡辺さんの笑い声が指針になっていたのだが、昔の録音と聞き比べてみると声が大きくなっているのである、渡辺さんは話し声はのっぺりしているのに対して笑い声は結構鋭いのであまり大きな音だと耳障りに感じてしまうのだ、笑うタイミングもなんだか条件反射で笑ってるんじゃないか?っていうのもあるし、なんだか悲しい、渡辺さん、また僕の指針になってください。

スポンサーサイト

PageTop

第34回:ワンクリ詐欺@携帯

変なメールがきた
(携帯番号)様現在仮登録状態。
変更しなければ本登録確定(サイトのアドレス)


でさ、やっぱ好奇心には勝てなくてサイト開いたさ、したっけいきなり「本ページを開いた時点で登録確定です」
とか書いてんの。なんか会員登録するとエロ画像が見れるらしいんだけど、登録料が60,000円だってさ、ふざけんなって。そんだけあればカリビアンコム何年間見れんだよ!
しかもさメールには変更しなければ登録確定って書いておきながら、誘導されて踏んだアドレスにはこれ開いたら登録確定って抜け道ないし、あまりにも非現実的なんでスルー決定。

今まで一番驚いた迷惑メールは、自分のアドレスから送られていることになっているものでした。今考えたら内部的に自分のアドレスを表示させるようにすれば良いだけなんだけど、高校生でIT難民だった自分にとっては画面に表示される情報がすべてで、自分が自分に迷惑メール?自分で自分のしっぽを食べる蛇? みたいな錯覚に陥って焦ったなー。

PageTop

第33回:進退

縛られて身動きがとれない


人間関係
パブリックイメージ
自分自身?

幻影なのか、だとしたら解き放つのはなんなんだ?
もがく
同じ感覚を覚えている、たしか‥‥。
成長のない俺を笑え、蔑め。
堕ちるとこまで堕ちてみる?

大人はきっと馬鹿にする、違う!
しがらみまでも自分の一部だと錯覚しているだけだ
裸だけが自分なんだ、まとう衣服を自分と勘違いしているだけだ!

PageTop

第32回:…初体験

ずっとうらやましかった、小学生、むしろ幼稚園児ですら経験しているご時世なのに俺は、俺はどうして未だに未経験だったんだと嘆いている毎日だった。経験するときはあっという間なんだなー。

そう、鼻血ね。ドッジボールで顔面にメガヒットしたときも、転んで地面に顔面からこんにちわしたときも、どんなにエロい妄想をしたときですら出なかった鼻血がでました、初潮を迎えた女の子ってこんな気持ちなんだろうなと思った。念願だったはずなのにかなりパニックったー、よく見る鼻に詰める丸めたティッシュの適正な大きさが分からず、大きかったり小さかったり3回作り直してやっとフィットするものができた。今夜は赤飯です。

PageTop

第31回:darwinportで快適なmac生活

darwinport=macportに関しては以前のエントリに書いたので詳しく説明はしない。今回話題にしたいのはvariantで+universalにした場合、つまりintelCPUでネイティブに動くようにする場合にビルド段階で

/usr/bin/ld: for architecture ppc
/usr/bin/ld: warning /usr/local/lib/libmigemo.dylib cputype (7, architecture i386) does not match cputype (18) for specified -arch flag: ppc (file not loaded)
/usr/bin/ld: Undefined symbols:
_migemo_open
collect2: ld returned 1 exit status
lipo: can't open input file: /var/tmp//ccEI7fPS.out (No such file or directory)


のようなエラーを吐かれる場合の対処法である。これはおそらくコンパイルオプションでppcでもないのにppcに対するオプションが指定されることでおこるんじゃないかと考えたので、/opt/local/var/db/dport/build
より該当するバッケージのワークディレクトリに移動し、emacsでMakefileを開いてC-sで文字列"ppc"を検索し"-arch ppc"を発見。やはりコンパイルオプションが指定されていた、そこでこの"-arch ppc"という部分を消す、なお複数箇所あるのですべて消してコンパイルし直すとやはり同じエラーを吐かれた、そこで同ディレクトリで
#grep ppc *
とするとconfig.hogeというファイルが見つかるはずなので、Makefileと同様に"-arch ppc"をすべて削除してコンパイルし直すと無事にビルドできた、よかったよかった。

PageTop

第30回:airmacを含む2重ルータのポート解放

自分のネットワーク環境は
モデム-------ハブ-------airmac express )))))) pc1
      ┠---------pc2
      ┗---------pc3
という構成になっている、このうちモデムとairmacはルータ機能を持っているのでpc1に対して2重ルータ構造になっている。
外部からpc1が見えるようにポート解放を行おうとすると二つのルータを通さなければならない、知識不足により苦労したので、手順を記しておこうと思う。なおpc1はmacであるので、以下そのように記述する。
手順としては
1.モデムに対するairmacのIPアドレスを知る
2.airmacに対するmacのIPアドレスを知る
3.airmacに対してモデムのポートを解放する
4macに対してairmacのポートを解放する
ということになる。それではそれぞれ具体的に見ていく、なおいいか悪いかよくわからないがDHCPでIPアドレスを自動で割り当てている。

1.airmac管理ユーティリティ->設定->インターネットタブ
で、IPアドレスの欄に表示されているのがairmacのIPアドレスである、これを記録しておく

2.システム環境設定->ネットワーク->airmacを選択し設定ボタン
 ->TCI/IPタブ
として、IP アドレス欄に表示されているのがmacのIPアドレスであり、これを記録しておく

3.ブラウザからモデムの設定画面を開きポートマッピング設定より手順1で記録しておいたIPアドレスに対して、すなわちairmacに対してポート解放を行う

4.airmac管理ユーティリティ->設定->ポートマッピングタブ
として、追加ボタンを押し、プライベートポート、パブリックポートともに同じポート番号を入力し、プライベートIPアドレス欄には手順2で記録したIPアドレス、すなわちmacのIPアドレスを入力する。

以上で設定は完了である。考えてみれば単純なことであったのだが、かなり混乱した、理由は2つある、第一にairmacのIPアドレスが二つあったことだ、airmac管理ユーティリティ->ネットワークタブから確認できるもの、同じくairmac管理ユーティリティ->インターネットタブから確認できるものの二つである、それぞれのIPアドレスはおそらくairmacに接続しているクライアントに自信の位置を教えるものと、モデムからairmacに割り当てられたものであるが、モデムに対しては後者を用いなければならない、このことを理解するのに時間がかかってモデムに対して前者のアドレスを指定していたこと。
次に、この2段階のポート解放を1段でできるんじゃないかと勘違いしていたこと、つまりモデムに対して直接macのIPアドレスを指定してポート解放を行おうとしていたことである。

この方法をwindowsに対して適用したいときは手順2のIPアドレスを知る方法だけが違っており、コマンドプロンプトからipconfigureを実行すると表示されるはず。

PageTop

第29回:macの環境整備

macbookを買って使いやすいように、あるいは必要に迫られて様々なアプリケーションを導入した。ただ面倒だったのでブログには書いていなかったのだが、購入当初とずいぶん様変わりしてしまったので、覚えているうちに備忘録として書いてみようかなと思う。
今回はLinuxにはじめから用意されている機能をOSXで実現するために導入したアプリケーションを中心にまとめる。フォーマットとしては

実現できる機能:アプリケーション
…………説明…………

という形で書いて行きたい。なお以下のアプリケーションはすべてフリーウェアである

X Window System:X11
これはosxをUnixとしてUnixらしく使うために必要です。OSのインストールディスクからインストールしましょう。
また自分でコードをビルドしたり、gnumakeを使ったりするためにXcodeという開発環境も同じくインストールする。

仮想デスクトップ:virtuedesktops.
LinuxあるいはUnixにはOSの機能として仮想デスクトップ、仮想コンソールが用意されており、やりたいことに応じてデスクトップを切り替えて、画面のカオス感を緩和していたのだが、osxにはこれにあたる機能はない(時期OSのLeopardにはSpacesとして搭載予定)
そこでこのvirtuedesktopを使うことになる、機能としては仮想デスクトップの数の変更、そのレイアウトの変更、それぞれのデスクトップに名前を付けたり壁紙を変えることができる。また切り替えるときの視覚効果も複数用意されておりその中には、compiz、beryl等の3Dデスクトップのデモでよく見かける箱がくるくる回るように切り替えるものも用意されていて楽しい。

ウインドウの切り替え:Witch
windows、linuxではAlt+tabで別のウインドウを最前面に持ってくることができるのだが、macではcommand+tabで切り替えることができるのはアプリケーション単位であり、これは単一アプリケーションで複数のウインドウを開いているときには全く不満のある機能である。そこでこのWitchを導入することでウインドウ単位の切り替えが可能になる。
ただしAqua上で動くアプリケーションに関してはこの恩恵を存分に受けることができるが、XWindowSystem上で動くアプリケーションに関しては適用されない、まずX11にフォーカスしてからcommand+←(→)でX11のウインドウ間を渡り歩くことになる。
なお、デフォルトではcommand+tabをキーバインドに設定することはできない。解決策は以下のアプリケーション。

command+tab:PullTab
上に書いたようにcommand+tabはアプリケーションの切り替え機能としてOSに予約されている、今までAlt+tabを使っていた人にとってAltと同じ位置にあるcommandキーを使いたくなるのが自然である。そこでこのアプリケーション(プラグイン?)を導入することでアプリケーションの切り替えを停止することができ、めでたく任意のアプリケーションでコマタブが使えるようになる、僕は当然Witchで使うことにした。

X11のパッケージ管理:Macports
SuseLinuxではYaSTというパッケージ管理マネージャというかOSの管理マネージャを使ったり、apt-getを使っていた。OSXはUnixでありUnixにはportというパッケージ管理機構が昔からあるらしい、このMacportsはportの機能をOSXに特化させた(正確にはlinuxやunixでも使えるらしい)ものである。apt-getとほぼ同じ感覚で利用できる、また依存関係も自動的に解決してくれる。

ランチャ:quicksilver
基本的にxtermからコマンドを入力して起動できるアプケーションはX11のアプリケーションだけである、それ以外の/Applicationあるいは~/Applicationに入っているものは
  $open -a application
で起動できるのだが、ことmacに関しては常にターミナルを開いているとは限らない。そこでこのquicksilverを使う。
これは任意のショートカットを使って呼び出す、呼び出してすぐに二つの枠が現れて左の枠に”何を”、右に”どうしたい”という命令を入力することでそれが実現される、ここまで聞けば面倒くさそうだが、このquicksilverには学習機能があり例えば呼び出して”f”を入力するだけですぐに”firefox”,”open”という命令が現れるようになるのだ。さらにメールを送ったり、フォルダを開いたり、ディスクイメージをマウントしたり、ネットを検索したり、iTunesで再生、一時停止したりなどをキーボードから呼び出すことができるのである。自分もまだまだこのアプリケーションに関しては勉強中である。

キーマップ変更:Ukelele
texで文章を書くときにはバックスラッシュを多用するのだが、macの日本語キーボードの右下にはなぜかバックスラッシュではなくアンダーバーがある。右上に\があるのだがこれをバックスラッシュとして使うためにはoptionキーと同時押ししなければならなく生産性が悪い。このためこのUkeleleを使って右下の「ろ」からバックスラッシュが入力できるキーマップを作った。これで安心。

OSを使いやすくするために以上のようなアプリケーションを導入したのだがそれぞれのインストール方法、使いかたに関しては気が向いたら書いてみようと思う。最後に僕の環境を
macbook core2duo
macosx 10.4.9

PageTop

第28回:職業病考察

職業病っていってもここで考えてみるのは、炭坑で働いている人の塵肺とか、放射線を扱う人がガンを患いやすいとかそういう本当の病気じゃなくて、特定の職業に就いているからこそ考えてしまうこととか、本当にその仕事が好きで何かにつけて仕事と結びつけて考えちゃうみたいなことね。

例えば僕はある大学のある研究室に所属してるんだけど
 「カンパーイ!!うまいねー、ところでこのビールの屈折率ってどれくらいかね」
みたいなことが普通にいわれている、異常事態である。
こんなことがどの業界でもあるんじゃないか?
お相撲さんはいい御神木があればついついぶつかり稽古しちゃうじゃないですか
武士はいい刀を持ったら人を切りたくなってしまうものらしいし、これを現代に置き換えてみると、いい包丁を手にした料理人は絶対鯛の生き作りとか作ってみたくなると思うんですよ
F1レーサーは公園で子供が足でこぐ車に乗って遊んでたら絶対その車でコーナー攻めたいと思うんですよ、豆腐屋とかは同じ車みても峠攻めてーみたいになるとは思うんですけど
動物学者は動物園いったら調べてーってなるし、ムツゴロウさんは「食べられたい...」ってなりがちじゃないですか

つーか考察っていうか決めつけだなこれ。失敗!!

PageTop

第27回:朝もや、サンダル、犬の?

早起きした朝はうきうきして外を散歩したくなるものだ、今ぐらいの季節は気持ちいい涼しさがことさらその意欲を誘うのである。
今朝のコースもいつも通り少し遠くの自動販売機にコーヒーとタバコを買いに行ってかえってくるだけなのだが、通り道には紫色の藤の花が咲いて甘い香りを楽しませてくれたり、いつも俺に吠える犬がいつも通り吠えてくれたり、ロードワークする高校生とすれ違ったり、となかなかいろいろなものに出会うものなのである。 しかし今日はいつもとは少し違うものに出会った、おじさんに散歩につれてきてもらっている犬である、そのこと自体は全くいつも見る早朝によく似合う光景なのだが、そのおじさんの数歩後を同じ方向に歩いていて何気なく犬を見ると足が5本あるのである、びっくりはしたものの気を取り直して見ると犬の愚息がギンギンである、正直驚いた、犬は柴犬で毛並みはつややかで、利口そうな顔立ちなのだが驚嘆に値するくらいカチンコチン、しかも足と間違うくらいでっかい!! のである。
ギンギンであることを忘れさせるくらい涼しい顔で歩く犬とバツが悪そうに僕をちらちら伺う人の良さそうなおじさん、愚息に釘付けになっているサンダル履きの僕。風流な朝であった。あのチンポ欲っしー。

PageTop

第26回:あ... 忘れてた

なんか忙しくてすっかりこのブログの存在を忘れてた、というより見て見ぬ振りしてた。
それもこれも、Leopard延期発表直後に待ちきれずにmacbookを購入してしまって、そのセットアップをかなり頑張ってやった経過をブログにおろすのがめんどくさくなっていたのです。
基本的にノーパソが欲しかった訳でぶっちゃけOSは何でもよかったのだが、今まで使ったことがないワクワク感に負けてmacを買ったのだがこれがかなりいい、当初Linuxとのデュアルブートを想定しており、以前のエントリにOpenSuseをmacbookでデュアルブートさせるという内容の記事を書いたのだが、実際使ってみると、OSXはUnixであるのでちゃんと整備すればUnixコマンドはもちろんのことX Window SystemもちゃんとAppleが最適化したものを用意しているので全くストレスなく導入できた、後はOSX独自のディレクトリ構造と、OSX自体になれさえすれば、今までどうりコマンドライン中心に操作することもできるし、iTunesを使いたければ、ランチャから呼び出すことでキーボードから手を離すことなく操作できるので、本当に便利である。まあここまでみればWindowsのCygwinでもいいじゃん、あるいはVMwareでLinux動かせばいいじゃんって思うだろうし、その通りであるが、やはりネイティブであるという安心感、スクラム感がいいよね。
でもほんとに思ったわ、どのOS使ってもちゃんと調べればできることは変わんない、ほんとに変わんない、なんかWindowsユーザとmacユーザってあんま仲良くないらしいけど、仲良くやろうよ、ほんとそう思うね。いい買い物しました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。