発泡する時代

泡を通して時代を見つめる春の七草みたいな、目薬が恐くて瞬いちゃうような日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第57回:やっぱりlinux使いたい!!

この1年間ほどmacを使わせてもらっての感想としてはやっぱりWindowsを使っても、macを使ってもあんまりできることは変わりません、というよりもどっちのOSを使っても何でもできます、macはフリーのソフトが少ないって言われています、確かにそれは感じました、単純にググっただけでは見つからないことも多いです、でもちゃんと調べれば見つかるし、そのぶんアプリケーションの質も高いように思われます、Unix用のソフトをMacに最適化された形で、しかも依存関係も解決してくれるMacportsというパッケージ管理ソフトもあるのでもしかしたらwindowsよりも便利かもしれません。

さてタイトルに書いてあるように、今の心境としてはやっぱりlinuxが恋しいのです、あの不自由さ、自分で解決していくドM感が恋しい、それとLPICというLinuxの技術を証明する資格をとりたいのですが、ディレクトリ構造が違うのでmacは練習に使いずらいのです、ということでこれからの展望。

外付けHDDを半分に分ける、片方はHFS+つまりmac用のパーティションにしてバックアップ用にする、もう半分にlinux、希望としてはSuseLinuxを入れる。こういうことができるのかわかりませんがとりあえずの願望としてここに書き残しておこうと思います。

スポンサーサイト

PageTop

第26回:あ... 忘れてた

なんか忙しくてすっかりこのブログの存在を忘れてた、というより見て見ぬ振りしてた。
それもこれも、Leopard延期発表直後に待ちきれずにmacbookを購入してしまって、そのセットアップをかなり頑張ってやった経過をブログにおろすのがめんどくさくなっていたのです。
基本的にノーパソが欲しかった訳でぶっちゃけOSは何でもよかったのだが、今まで使ったことがないワクワク感に負けてmacを買ったのだがこれがかなりいい、当初Linuxとのデュアルブートを想定しており、以前のエントリにOpenSuseをmacbookでデュアルブートさせるという内容の記事を書いたのだが、実際使ってみると、OSXはUnixであるのでちゃんと整備すればUnixコマンドはもちろんのことX Window SystemもちゃんとAppleが最適化したものを用意しているので全くストレスなく導入できた、後はOSX独自のディレクトリ構造と、OSX自体になれさえすれば、今までどうりコマンドライン中心に操作することもできるし、iTunesを使いたければ、ランチャから呼び出すことでキーボードから手を離すことなく操作できるので、本当に便利である。まあここまでみればWindowsのCygwinでもいいじゃん、あるいはVMwareでLinux動かせばいいじゃんって思うだろうし、その通りであるが、やはりネイティブであるという安心感、スクラム感がいいよね。
でもほんとに思ったわ、どのOS使ってもちゃんと調べればできることは変わんない、ほんとに変わんない、なんかWindowsユーザとmacユーザってあんま仲良くないらしいけど、仲良くやろうよ、ほんとそう思うね。いい買い物しました。

PageTop

第23回:macbookとopenSUSE10.2のデュアルブート

Mac買うって昨日決めてからなんかいろいろ気になって調べてみたんだけど、一番関心あるのがmacbookとlinuxのデュアルブート。fedora6では日本語のインストールガイドが見付かったのだが、僕がインストールしたいと目論んでいるopenSUSEのための日本語ドキュメントは見付からなかった。その代り英語のドキュメントが見付かったので、気が早いかも知れないが将来の自分のためにまとめておこうと思う。

続きを読む

PageTop

第22回:macという選択

ノートパソコンそろそろ欲しいなー、大学での研究活動にノーパソの必要性を感じてきた。研究室にはあることはあるのだがみんなの共有なので何かと不便ですわ。
そこで考えるのはどのOSにするのかっていうことなんだよなー、迷っている自分の考えをまとめてみよう

Windows XP
やっぱり使いやすいし、安定してるし、今ならVistaがリリースされた後だから安いしね。これか?

Windows Vista
実際には触ったことは無いから、Webで調べた情報をもとに憶測で語ることになるけど、まあまず見ためでしょ、Aeroを使うにはそれなりのスペックが必要になるらしい。でもさー3Dデスクトップとか透過ウィンドウとかは別にLinuxではずっと前から可能だよな、動作も軽いしさ。だからそうなると高スペックにしてまでVistaにすることはないんだ、WindowsならXPだね。XPからのいろいろな変更点(ReadyBoot,SuperFetch等)はやっぱり速度に関係することだから気になるけど、高けーっすわUltimate

Linux
やっぱりLinuxは安心するなー、自由度高いし。使い慣れてるから入れたいよな、でもデュアルブートにすればなんら問題ないって言うのもあるわな、タダだから。

Mac
実は突如選択肢にあがってきたのがMacです、これはWindows以上によくわかんない、でも新しいOSに移行するのにLinux以上の苦労があるとは思わないんだよな。新しいOS触ってみたいっていうのもある。


どのOSでもできることはそれほど変わらないからぶっちゃけなんだっていいんだけどVistaは快適に動かそうと思ったらハード、OS共にお金かかるし、Linuxはいつでも入れられる、それに自分に使い勝手がいいようにパッケージ入れて、設定するまでに時間かかるし、Linux版のFirefoxにQuickTimeとかWMAのプラグイン用意されてないし、つまりLinuxだけでは心許ないっていうのもある。そうなるとXPかMacの時期OSのLeopardなんだけど、この比較になるとコストと興味の葛藤ですわ。で、さんざん葛藤した挙げ句Macにすることに決めた、今決めた!たくさんのOS使えるようになってるのって重要だよな。

つーわけで今後Leopardの動向に注目していこうと思う。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。